もっと気ままに

趣味のブログ WEBサービスがメイン?

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  hardware
tag : 
メインのPCで(一台のHDDでの)デュアルブートがちょっと不安定になり構成を検討しています。

(表記がおかしいところがあったので修正 3/19)
XPとWindows7(64bit)は決まりなんですが、Windows7で海外のフリーやシェアを入れて自爆 後のリカバリがちょっとうまくいってません。
True Imageでバックアップは取ってはいるんですけどね。

Norton Ghostを使って毎回、イメージを描き戻すことも考えたんですがデータの整合性取るのがメンドクサイ。
何より検証マシンではないのでそこまでする必要もない。

んで、発想の転換!
物理的に分けたらいーじゃない

XPは実際、殆どシステム&ツール的に変更は無いのでSSDへ。
Windows7は頻繁に書き換え&リカバリが発生しているのでSSDでやるのはちょっと精神的に負担が・・・
ということでWindows7の方はWestern DigitalのWD1002FEAXへ。


SSDは一年程前まではプチフリやら寿命の問題、速度低下等導入するのには躊躇う要素が多かったため意図的に無視してました(本当の理由は高かったから~)

私的には精々eBoostr向けの高速デバイスとしてしか見ていませんでした。
ですが最近は各種の問題がクリアされつつ、何よりも安くなってきたのがいいですね。
Intelの40GB、CFDの64GBがよさげです。

安くなったSSD

------ でここまでが2/25位までの話

SSD買いました。
CFD-SM128WJ2 と CFD-SM64WIN !(Win7とXP用)
もうヤケクソですw
1年は大幅なマシン変更は行わない事が前提です。


●Windows XPでの利用

SSDを搭載するに当たり気をつけたことは
・頻繁に書き換えが発生するものをRAM DISKに(管理外利用)
 これに当たるものがテンポラリ、ブラウザのキャッシュ、ページングファイル、プリンタのスプール

・書き込みバッファを利用し、書き換え回数を減らす。
 プチフリバスターやマッハドライブ


前者は今までも一部では使っていましたが、今回は神経質すぎるのでは? と言う位にしてみました。
使用するRAM DISKはこのブログでも扱っているVSuite RAMDISK(フリー&シェア)です。
レジスト済みのProfessionalを利用しました。
尚、この構成を考えてメモリは16GBに増設済みです。


TEMPエリアとして4GBを確保。
ページングファイルエリアとして4GB確保
ブラウザ(IE,Firefox)キャッシュエリアとして1.5GB確保
当然(?)のテスト用としてeBoostr用エリア約3GB確保
(eBoostrの管理外は怖くて使えない)

SSD移行前にHDDにて同環境を作成してみました。

体感的に際立ったのが 起動時の立ち上がりの速さとブラウザの動作です。
ブラウザはWindows7環境でのFirefoxのモタツキからみると爽快ですらあります。
ページングファイルは現状、重いソフトを利用していないのでこちらの方は判断は保留です。
あまり使わないようなら、WindowsのTEMP用に切り替えて仮想環境を充実させるのもいいかも。


一通りツールなどを入れて「40GB弱」、結構いい感じにできました。
で、SSDに移そうとした所・・・アーッ!HDDのパーティションが300GBもある!
そのままで大きなパーティションから小さなパーティションへ移すのは無理。

対策を考える
1.MRBをコピーした上で、Windows PEを作ってSSDへのコピーを試みる
  メンドイ

2.パーティションを正しく作った上で、再インストール
  馬鹿スグル

3.SSDへ直接インストール
  SSDの寿命を延ばすために行っているのに意味がない

4.あきらめる
  イヤイヤ

5.パーティション管理ソフトを使ってみる
  君に決めた!


フリーのパーティション管理ソフトで有名な、EASEUS Partition Manager Home版を導入。
60GBにしてパーティションを小さくすると、ベリファイでエラー。
デフラグソフトでマッピング状態を確認すると、MFT(予約)ファイルが後方に配置されて60GBに収まらない模様。

ん~MFT領域を移動しないといけない。ちょっと調べると、「Mydefrag」というデフラグソフトがMFTの移動を行えるようで試してみる。

※ フリーでもシェアでもシステム系をいじるソフトの場合はバックアップは必須です。

MFTを意図した位置に持ってくるのではなく、まぜこぜで先頭部に配置する様ですね。
ちょっと気に入りませんが他のソフトが見つからなかったので実行。
完了後MFT配置をみるとまさしく一体化w

Defrag-1

これでEASEUS Partition Managerを使い、64GB以内にサイズを変更。


バックアップは True Image Home 2009を使ってます。

安心のバックアップソフト

本家ではTrue Image Home 2010が出てますよ~
流石にバックアップソフトは海外版は薦めません。設定をミスると正しくバックアップできない事やリカバリエラーが出ることもありますので(英語が問題ない方は安いのでどうぞ)


SSDの結果は、
やはりというか当然というか立ち上がりがかなり速くなりました。
Windowsロゴが表示されてから起動時のPW入力画面までで15秒位短縮、PW入力後安定するまでは40秒以上は速くなりました。

※ ウィルス対策ソフト(NOD32)+ファイアーウォール(COMODO4)を利用。
  完全起動に2秒かかりません。
スポンサーサイト

テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://handmade00.blog93.fc2.com/tb.php/31-b36f0bcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
商品紹介
検索フォーム

ブクログ

プロフィール

Calcatrix

Author:Calcatrix
仕事からは離れた趣味的ブログ

記載事項は必ずしも正確とは限りませんので、自己責任においてご利用ください。

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

ImgBubbleTips

ImgBubbleTips by [猫カフェ]futaha

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。